ホールへの入り口 はじめての方へ オーナー企業経営者ならびに後継者の方へ

5R1A0015ようこそ弊社ウェブサイトへお越しいただきありがとうございます。
ビジネス・イノベーション・サービス(株)の大石です。

弊社はオーナー企業経営者ならびに後継者のためのコンサルティング会社です。オーナー企業経営者、後継者の方へ「親子経営」に特化した顧問サービス、後継者と次世代経営幹部による「次世代経営改革」プログラム、並びに後継者を社長とするための「大石経営塾」をご用意いたしております。

少々長くなりますが、まずは弊社の考え、そして各プログラムに対する私の想いをご理解いただきたく存じます。どうぞ最後までお読みいただけますようお願いいたします。

「親子経営」顧問サービスについて

昨今のお家騒動、企業不祥事の原因の多くが親子兄弟間の問題です。日本の法人企業255万社の内の97%は同族会社です。285万の個人事業主にとっても親子で経営するうえで様々な問題が生じています。本来親子で同じ仕事に従事し事業を継続することは素晴らしいことです。しかし一方で親子故の難しさが存在することも事実であり手放しで親子経営が素晴らしいとは言い難い状況にあります。

親から子へ、経営交代のサポートをしてきた経験から、こうすれば親子経営が上手くいくというポイントを伝授します。

親と子の間には他人に言えない、分からない確執があります。特に父親と息子となると、なお厄介な相克まで存在します。経営規模の大きさに関係なく、経営者である父と子の関係が上手くいっていないと、業績に悪影響を与えてしまいます。親子間の不和は信用不安を招き、廃業、倒産まで引き起こすことも珍しくありません。反面、親子の間が上手くいっている企業は、強い絆と信頼に裏打ちされ、強固で堅実な歩みを残しています。

親子経営を含む同族経営企業が非同族経営企業に比べ総じて業績が高いことは多くの経済学者がデータをもとに明らかにしています。親子経営の強みと弱みを明らかにし、親子経営の真価をお伝えします。親子経営における様々な問題に対処しながら、経営課題を解決するお手伝いをいたします。例えば親子経営企業の経営課題として下記のような事案があります。

  • 親から子への経営交代
  • 後継者を経営者にするための育成
  • ビジネスモデルの見直し、見極め、再構築
  • 業績改善のための業務改革
  • 親子経営の強みを活かした経営改革
  • 親子の関係性の改善
  • 兄弟の関係性の改善
  • これらのような経営課題を解決し親子経営企業の業績を改善するため誠心誠意ご支援してまいります。親子経営企業が親子経営企業ならではの真価を発揮し、再び我が国の経済を下支えし、長年停滞しているGDPを上昇させることができるよう、親子経営企業のお手伝いができましたならこの上ない幸せです。

    後継者と次世代経営幹部による「次世代経営改革」プログラム

    後継者が後継者であるときできることが多くあります。どのような企業も成長期を経て長い停滞期を向かえます。売り上げ、利益ともが伸びず上がらずといった時期が必ず訪れます。長年経営してきた経営者が頭を抱えてしまいます。

    企業の事業の見直し、見極め、再構築は経営者がやるべきことです。役員、社員任せでは決してできることではありません。こんなときこそ後継者の出番です。後継者が次代の経営幹部と共に業務改革に取り組んではいかがでしょう。その業務改革の先に事業の見直し、見極め、再構築が必ず訪れることになります。

    後継者にとってはいずれ経営者となってやらねばならない経営改革を後継者の時にやれるのです。経営者にとっては経営改革の基となる業務改革を後継者がやってくれれば後継者の育成にもなるのですから一石二鳥というところです。

    このプログラムが上手く機能したなら後継者には得難い自信となります。次代を担う若手幹部たちとの信頼関係が芽生え後継者に対する社員の見る目が変わります。これで一石二鳥どころか一石三鳥、四鳥となるやもしれません。

    後継者の育成はとても難しいものです。机上での知識、情報、教育だけでは上手くいきません。実践に勝る育成はありません。経営者の下でのプログラムとして取り組むプロジェクトですので最終判断は経営者がいたします。やらせてみて育てていきましょう。

    御子息、御息女を社長にするための「大石経営塾」について

    私は自分の経験からひとつの原則を唱えています。それは父親である経営者が子供である後継者を自分の手で育てることは決して出来ないということです。後継者はすべからく第三者に委ねるべしというのが鉄則と考えています。

    最近、後継者をお持ちの経営者の方からご自分の子息、息女を一日でも早く次の社長にしたいのだがとご相談を受けることが多くあります。そのご要望にお応えしたのがこの「大石経営塾」です。

    経営塾では中国古典経書四書五経の四書『大学』『論語』『孟子』『中庸』をテキストとして扱います。中国古典四書をビジネスで読み解いていきます。人の上に立つ者に等しく学んで欲しいのが四書です。近い将来必ず経営者となる後継者のための現代版「寺子屋」であり現代版「帝王学」を学ぶ場を提供いたします。

    後継者にビジネススキル、ビジネスセンスを身に付けていただくことはもちろんながら、経営者として仁徳を有する人格者になることを何より優先させます。常時数名の塾生がいます。月に一度私の事務所で個別セッションをしています。それぞれ自社の試算表持参できます。まずは現状認識、分析からスタートします。あくまで実践を基本に学んでいます。

    事業での成功と失敗、人生での挫折と回復を経験した私だから出来る「大石経営塾」にどうぞ貴社の大切な後継者をお預け頂ければ幸いです。

    さいごに

    すべてのプログラムは私自身が行います。日々私自身が学び続けています。よってすべてのプログラムの内容は改編し続けています。決して後退はなく前進し向上し続けています。大変不器用で稚拙なところが多くあるかもしれませんが、もし私のプログラムにご興味ご関心を頂けるようでありましたら、是非お声掛けお気軽に頂けましたら幸いでございます。

    ビジネス・イノベーション・サービス株式会社
    取締役社長 大石吉成