プロが語るとき (2012年4月17日)

敬天愛人箚記

敬天愛人語録にもどる

わたしがこのひとは本当のプロだと思う瞬間があります。
それはそのひとの本気が伝わってきたときです。

たとえばセミナーに出席したとしましょう。
3時間のセミナーだったとしましょう。

その導入の部分から聴衆をひきつけ、中だるみすることなく最後までみんなの興味をそらすことなく 、一気呵成に終えたとします。

そして、最後には多くの感動を与え、みんなのやる気を引き出したとします。
これは間違いなく素晴らしい講師先生だと思います。

話の内容も素晴らしく 、話し方も洗練されてとても聞きやすく、時間の長さを少しもかんじさせることが無かったとします。

普通ならこれで大満足です。
最近、わたしは出来るだけ多くのセミナーに出るようにしています。

とても優秀な講演講師先生に多く出会いました。
でも、贅沢な話のようですが、何か物足りなかったりしていました。

すばらしい内容で素晴らしい講師によるセミナーだったけど、時間の経過とともに色あせるといったような感じなのです。

そんなとき、ひとりのこれはプロだと思える先生に出会えました。
もちろんその先生のセミナーは同じように興味深いものでした。

他の先生と何が違うのかというと、同じ3時間のセミナーですが、その先生は事前に準備をするにあたり、相当の時間をかけ何度も何度も作り変え、内容をいかにも作りこんできたなと思わされるのです。

スピーチの一言一言がいろんな意味を持って、一言たりとも疎かにしてないのを感じるのです。
職人が自分の品物に決して妥協しないといったような、厳しさを感じさせてくれます。

そして、気構えと覚悟を感じるのです。
始めの瞬間から、真剣勝負を感じます。

本気でわたしたちに語りかけています。
その気迫と情熱が伝わってきます。

先日、そんなプロの講演講師先生に出会いました。

—————————————————————————–

向こう3年で、子息に継がせたい社長

   経営者と後継者のコーチだからできる

   親から子への事業継承コンサルティング

  ビジネスデザイナー・エグゼクティブコーチ

         大石 吉成

  ビジネス・イノベーション・サービス(株)

   東京都台東区台東4丁目22の5

     TEL 03-6803-0314

   URL http://www.innovate-s.com/
マイベストプロ東京