日本国元宰相無残物語 (2012年4月16日)

敬天愛人箚記

敬天愛人語録にもどる

わたしがどうしてもこの二人だけには総理大臣になって欲しくないと思っていたのが、鳩山氏と菅氏でした。

不幸なことにその二人ともが総理になってしまいました。
結果はみなさんご存じのとおり、支離滅裂を通り越して、日本国をメルトダウン状態にしてしまいました。

その鳩山元総理が、またやらかしてしまいました。

多くの関係者から、そして政府からも止められていたのを振り切り、単身プライベートだと称して、イランまで出かけてしまいました。

ほんまに、いらんことをする人やとしゃれにもなりません。
たくさん批判をされてもどこ吹く風のご様子です。

総理時代にあれだけ迷走を繰り返し、辞任後は政治家を辞めると言いながら、簡単にその言葉を撤回し、あげくは己の存在感を示そうともがく姿は、呆れるやら驚くやらを通り越し、もはやみじめでしかありません。

あの方の周りにはむかしから本当の仲間がいないのでしょう。
誰も彼をたしなめ、諭す人がいません。

ま、もともとひとの話をきくような方ではないようです。
しかし、迷惑なのはわれわれ国民です。

いいようにイランに利用され、国際社会の笑いものにされているのを見せられるわれわれ国民の身になって欲しいものです。

日本国内では批判の報道がたくさんされましたが、CNNなどの海外メディアが鳩山元首相のイラン訪問を報じたとは聞いていません。

そもそも欧米各国が国連を通じ、イランへの経済制裁を強めている中、日本の元首相がひとりのこのこ出かけて行って何かが変わるなんてことはこれっぽっちもだれも思っていません。

よせばいいのに、これほどの国際政治音痴だったことを自らばらしてしまいました。
この後は、一日もはやく政治家を辞めて頂くことを願うだけです。

お金持ちの良家の子息らしく、今後はわれわれとは縁のないところで、お好きなように暮らされてはいかがかと進言いたします。

—————————————————————————–

向こう3年で、子息に継がせたい社長

   経営者と後継者のコーチだからできる

   親から子への事業継承コンサルティング

  ビジネスデザイナー・エグゼクティブコーチ

         大石 吉成

  ビジネス・イノベーション・サービス(株)

   東京都台東区台東4丁目22の5

   TEL 03-6803-0314

   URL http://www.innovate-s.com/

     マイベストプロ東京