シャープ連続赤字決算に思う (2012年11月2日)

ビジネスコラム

パナソニックに続きシャープも来年3月期決算予想

4500億円の赤字と報告されました。

薄型テレビ、液晶パネル、太陽電池が不振です。

パナソニック同様シャープも数年前からコモデティ化

の陥穽に落ちています。

コモデティ化された商品は価格競争にさらされ

どんどん売価が下がり利益が減少します。

経費が高い先進国の大企業では採算が取れません。

シャープの場合、問題はそれだけではありません。

昨年決算も3760億円の赤字であったことです。

経営トップの責任が問われます。

江戸時代後期の幕府の幕閣会議のごとく、日本の大企業

が決断できず、問題先送りをしているように思われます。

かつて巨大戦艦は戦闘能力が高いと言われていました。

航空機の発達に伴いその存在そのものが消えました。

巨大戦艦はゆっくりとしか方向転換できませんが、

一旦浸水し始めるとあっというまに沈んでしまいます。

日本の大企業がその姿をフリーゲート艦に変え、

次の時代に生き残れるよう祈るところです。

売り上げを伸ばしたい、利益を増やしたい
お気軽にご相談ください。(無料相談実施中)

当社は良い商品、優れた技術、画期的サービスを持ちながら
売れない、使われない、世に広がらないと悩んでいる企業の
問題を解決し、企業の“夢”を実現するお手伝いをします。
http://www.innovate-s.com/e211.html

マーケティングコンサルタント
ビジネスデザイナー・エグゼクティブコーチ

         大石 吉成

ビジネス・イノベーション・サービス(株)

   東京都台東区台東4丁目22の5

   TEL 03-6803-0314

   フェイスブックのページもご覧ください